第10回 松ノ木手づくりマルシェ 開催です

第10回 松ノ木手づくりマルシェ
平成27年8月27日(木)9時〜14時開催です。
当日雨天は中止となります。台風15号の影響で雨になるか心配です。開催の決定/中止は、当日朝「松ノ木手づくりマルシェ」の facebook でご確認ください。

marche_10.jpg

関連記事

テーマ : 東京
ジャンル : 地域情報

8月15日によせて 〜観音経に思う〜

『観音経』(妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五)というお経があります。古今東西、観音経の信者は大変多く、禅僧も皆このお経を賛嘆しています。

観音経の内容は「災いに遭った時、困ったとき、何かを欲する時、観音菩薩の神通力を信じれば、困難は去り、願望は成就する」というものです。例えば、

観音の力を信じれば、大火の中にあっても焼かれない。
大海に漂流しても浅瀬に着く。
今まさに斬首刑になる時、刀がバラバラに折れてしまう。
商人が道中で賊に襲われても、その難を逃れられる。
女児が欲しいと思えば女児を授かり、男児が欲しいと思えば男児を授かる。
貪瞋癡(とんじんち。むさぼる、いかる、おろか。)の三毒から離れられる。

と、まあこんな具合です。これをそのまま解釈すれば「現世利益」をうたったお経であることがわかります。


観音経の中に

衆生被困厄 無量苦逼身 観音妙智力 能救世間苦
(人々が計り知れないほどの困難に苦しんでいる時、観音菩薩のすぐれた智慧によって、人々を救ってくれる)

という偈があります。また曰く

諍訟経官処 怖畏軍陣中 念彼観音力 衆怨悉退散
(訴訟にあったり、また、戦場にあって恐怖をおぼえた時、観音菩薩の力を念ずれば、人々の持つ恨みや憎しみは消え去るであろう)

とあります。


今日8月15日は終戦記念日。今年は終戦70年という節目を迎えました。第二次世界大戦の6年間で、死者数は全世界で6,000万〜8,500万人に及びました(wikipedia より)。日本人の死者は310万人だそうです。これだけの犠牲者が出る前に、何か手立てはなかったのでしょうか? 日本が降伏を決断しなかった結果として、8月6日と9日に原子爆弾を落とされました。多くの無辜の民が犠牲となりました。アメリカは、戦争を集結させるために不可避だった、と言いますが、そんな都合の良い言い訳は許せません。

肉親、夫を兵隊に取られた家族は、無事の帰還を祈り、仏壇の前で手を合わせ観音経を読んでいたことでしょう。その思いはどれだけ届いたでしょうか…。「衆生被困厄 無量苦逼身 観音妙智力 能救世間苦」と言っておきながら、観音菩薩は私を救ってくれなかったではないか、「念彼観音力」などと唱えたって、観音菩薩は息子を、夫を救ってはくださらなかったではないか、と嘆いた人もいたことでしょう。

観音菩薩とは一体何者なのでしょうか? 目には見えないけれども私たちを見てくださっているものですか? それは正しい答えではありますが、自分自身が観音菩薩であるとも言えます。観音菩薩を信じることは、自己を信じることと同じです。

観音経は、表向きは「現世利益」のことしか書かれておりませんが、観音菩薩を「自分自身」と捉えることによって「慈悲の実践」を説いた教えだということに気づきます。


結局、あの戦争とは何だったのか? その問いを私たちは未来永劫持ち続けなければならないでしょう。間違いなく言えることは「戦争は二度としてはならない」ということです。戦争がいかに悲惨なものであるかを、子から孫へ、子々孫々語り継がなくてはなりません。自分を信じる者、智慧ある者は、それを知っています。

関連記事

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

ブログ内検索
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Author

うぇぶちこういん

ちこういん

リンク
バナー
住職へメールを送る
メールアドレスは正確に書いて下さい。間違いがあると、返信ができません。

名前 or ハンドルネーム:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
訪問者数累計