恨みを忘れる

NYワールドトレードセンタービル跡地


昭和29年の11月3日、日本初の怪獣特撮映画「ゴジラ」が公開されました。

ゴジラは、海底に潜んでいた恐竜で、原爆実験がもとで住みかを追われたために、地上に姿を現しました。この映画の背景には、当時問題となった「第五福竜丸事件」があります。アメリカの核実験により、船の乗組員が被爆した事件です。ゴジラは、核爆弾の恐怖、環境破壊、人間のエゴに対する警鐘を、私たちに鳴らしていたのでした。

最近の日本では、核問題のニュースが目を引きますが、世界の他の国々では、派手なミサイル発射訓練あり、内戦あり、テロ行為ありと、悲しい出来事が頻繁に起きているのです。

世界で唯一、原爆を落とされた国として、日本はなぜもっと積極的に、平和のメッセージを発信しないのでしょうか?

ありがたいことに、日本はとても平和な国です。日本は平和すぎるために、戦争の悲惨さやテロの恐ろしさに対して、実感が湧きません。「その平和は、アメリカの核兵器に守ってもらっているからだ」という意見があるのも当然ですし、それが事実です。しかし、そういう部分を強調するのではなく、「他国に対して侵略をする姿勢を見せない」ことこそ、強調すべきではないでしょうか?

「恨みは、恨みによって鎮まらない。恨みは、忘れることによってのみ鎮まる。」

目には目を、の精神では、いつまで経っても争いの輪廻から抜けられません。殴られないためにと、強さを誇示するのでは、動物の縄張り争いと変わらないでしょう。武力を捨て、恨みを捨て、豊かさを求め、先達が大変な苦労をし、そうして日本は今日の平和を手に入れました。

このままでは、本当に恐ろしい出来事が起こりそうだ、、、今日ニュースを見ていて、つくづく感じました。いや、現実には、恐ろしい出来事はあちらこちらで、実際に起きているのです。何が正義で、何が悪なのでしょう? 私たちに警鐘を鳴らしたゴジラまで、いつの間にか「悪い怪獣と戦うヒーロー」みたいになってしまいました…。

精神的な平安こそが、争いの消えた、真の平和をもたらすものと、私は信じます。

(掲載写真は、ニューヨークのワールドトレードセンタービル跡地です。)
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴジラ

ゴジラゴジラは、日本の東宝が1954年(昭和29年)に公開した特撮怪獣映画『ゴジラ』、および「ゴジラ映画」と呼ばれるそれ以降のシリーズのこと。個々の作品の詳細

【ゴジラ】について

ゴジラゴジラは、日本の東宝が1954年(昭和29年)に公開した特撮怪獣映画『ゴジラ』、および「ゴジラ映画」と呼ばれるそれ以降のシリーズのこと。個々の作品の詳細は#ゴジラ映画の変遷|後述のリストを参照。その映画シリーズに登場する怪獣ゴジラの詳細はゴジラ (架空の怪獣

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Author

うぇぶちこういん

ちこういん

リンク
バナー
住職へメールを送る
メールアドレスは正確に書いて下さい。間違いがあると、返信ができません。

名前 or ハンドルネーム:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
訪問者数累計