手の組み方

2013年08月25日08:00  坐禅の仕方 写真あり

(初級)

1,左手の親指を、右手で軽く握ります。
2,左手の他の四指を、右手にかぶせます。
これは「叉手(しゃしゅ)」と呼ばれる形です。初心者にはこの組み方をお勧めします。

z_hand1.jpg

(中級以上)

1,右手の上に、左手を重ねます。
2,親指の指先を軽く付けます。「付ける」というより「触れる」といった感じです。
これは「法界定印(ほっかいじょういん)」と呼ばれる形です。正面から見た時に、きれいな楕円になっているようにするのがポイントです。親指が前の方に傾かないように気を付けます。

z_hand2.jpg

組んだ手は、軽く足の上に置き、身体に付けます。おへその下5~10cmほどのところに当たっているはずです。

since 2004/6/1 - last modified 2005/3/17


関連記事
トラックバックURL

http://chikoin.com/tb.php/112-29c85ec3

前の記事 次の記事