呼吸法のまとめ

大切なポイントは次のようになります。

● 腹筋、特におへその下の筋肉を使う(=丹田への意識)
● 時間をかけて、ゆっくり吐く(=脳内へのインパルス放出)
● できるだけ、体内に残った空気を出す(=悪い空気を出し、新鮮な空気を取り込む)
● 静かに、よどみなく(鼻を鳴らさない、止息はしない)
● 苦しくならないように(苦しい呼吸は、身体への負担)

腹式呼吸に慣れないうちは、苦しく感じるかもしれません。最初は「大きく吸い込み、ゆっくり吐く」という意識をもち、徐々に長く吐けるようにしていきましょう。

花粉症の方は鼻がつまって、鼻呼吸ができませんね。私も花粉症シーズン時の呼吸は辛いです。鼻がつまっている時は、わずかに口を開き、口で呼吸をして下さい。

since 2004/6/1 - last modified 2013/8/30


関連記事

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Author

うぇぶちこういん

ちこういん

リンク
バナー
住職へメールを送る
メールアドレスは正確に書いて下さい。間違いがあると、返信ができません。

名前 or ハンドルネーム:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
訪問者数累計