坐禅儀 #17

(原文17)
故に円覚経に云わく、無礙清浄の慧は、皆な禅定に依って生ずと。法華経に云わく、閑處に在って其の心を修摂し、安住不動なること須弥山の如しと。

(ゆえにえんがくきょうにいわく、むげしょうじょうのえは、みなぜんじょうによってしょうずと。ほけきょうにいわく、かんじょにあってそのしんをしゅせつし、あんじゅうふどうなることしゅみせんのごとしと。)



(意訳17)
『円覚経』には、「なにものにもとらわれない清浄な心は、禅定力から生まれる」とある。また『法華経』には、「静かなる心を集注して、あわてず騒がず須弥山のようにどっしり構える」とある。

since 2004/6/1 - last modified 2013/8/29


関連記事

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Author

うぇぶちこういん

ちこういん

リンク
バナー
住職へメールを送る
メールアドレスは正確に書いて下さい。間違いがあると、返信ができません。

名前 or ハンドルネーム:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
訪問者数累計