白隠禅師坐禅和讃 概説

『白隠禅師坐禅和讃(はくいんぜんじざぜんわさん)』は、その経名にあるとおり、江戸時代の臨済宗の僧・白隠慧鶴禅師が作られた和文のお経です。その中心に説かれているのは、坐禅に代表される「禅定(ぜんじょう)」と呼ばれる実践行です。禅定とは「無神経・無感覚にならず、外界の刺激を受けていながら、精神を統一し、雑念を抑え、静かに思慮すること」です。

布施をするにも、戒律を守るにも、称名(しょうみょう)を唱えるにも、全ては「心のあり方」が問題になります。心が落ち着いていればこそ「正しい判断」や「正しい行い」ができるのであり「何事にも徹する」ことができるのです。禅定は、そのための基本となります。

静かに坐って禅定を慮(おもんぱか)る「坐禅」は、インドに於いて古くから行われてきた一種の瞑想方法であります。精神統一のための修行として、手軽にできることもあり、現在では仏教圏以外の国でも坐禅は行われています。

私たちの日常は、誘惑・苦難・不安にあふれています。これらは、正しい判断を狂わす原因となります。これらに打ち克つことができたなら、どんなに安心できるでしょうか。『白隠禅師坐禅和讃』は、そのためのヒントを提示してくれています。

──「奇なる哉、奇なる哉、一切衆生悉く如来の智慧徳相を具有す。但、妄想執着を以ての故に証得せず。」
(きなるかな、きなるかな、いっさいしゅじょうことごとくにょらいのちえとくそうをぐゆうす。ただ、もうぞうしゅうじゃくをもってのゆえにしょうとくせず。)

( なんて素晴らしいことだろうか、世界中すべてのものには、真実の心=仏心が、もともと備わっているではないか。しかし、妄想や煩悩、欲や差別が邪魔をして、私たちは仏心に気付かずにいるのだ。)

お釈迦様は、坐禅によりおさとりを得ました。その瞬間、この言葉を連呼されたと伝えられています。同じように、坐禅和讃の第1句には「衆生本来、仏なり」とあります。お釈迦様も白隠禅師も、私たちが仏であると明言しています。私たちがさとれないのは「仏心」を信じないためであり、禅定力が弱いためであります。お釈迦様が超人ではなく、私たちも凡人ではない、ということを信じて、仏教の実践行につとめましょう。

■参考文献
『禅宗聖典講義』/伊藤 古鑑 著/臨済宗青年僧の会
『白隠禅師坐禅和讃講話』/山田 無文 著/春秋社
『白隠禅師坐禅和讃』/春見 文勝 著/神宮寺花園会


*原文と意訳を、表形式で閲覧できます。→ 『白隠禅師坐禅和讃』解説(旧ウェブサイト仕様)


since 2005/1/27 - last modified 2014/4/21

関連記事

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Author

うぇぶちこういん

ちこういん

リンク
バナー
住職へメールを送る
メールアドレスは正確に書いて下さい。間違いがあると、返信ができません。

名前 or ハンドルネーム:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
訪問者数累計