白隠禅師坐禅和讃 #5

(原文5)
布施や持戒の諸波羅蜜。念仏懺悔修行等。其の品多き諸善行。皆この中に帰するなり。

(ふせやじかいのしょはらみつ。ねんぶつさんげしゅぎょうとう。そのしなおおきしょぜんぎょう。みなこのうちにきするなり。)



(意訳5)
なぜ「禅定波羅蜜」が重要なのでしょうか? その理由は、布施・持戒・忍辱・精進・智慧の各実践行の他にも、仏教徒のつとめる行いとして、「念仏を行う」「日々反省をする(自分の過失を認め、叱責を甘受し、悔い改めること)」「毎日の生活の中でするべき勤めをする」といった、功徳(くどく)を積むためのいろいろな行いがありますが、これらの実践には、すべて「禅定」が必要不可欠だからです。

since 2005/1/27 - last modified 2014/4/19


関連記事

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Author

うぇぶちこういん

ちこういん

リンク
バナー
住職へメールを送る
メールアドレスは正確に書いて下さい。間違いがあると、返信ができません。

名前 or ハンドルネーム:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
訪問者数累計