白隠禅師坐禅和讃 #7

(原文7)
辱なくも此の法を。一たび耳にふるる時。讃歎随喜する人は。福を得ること限りなし。

(かたじけなくもこののりを。ひとたびみみにふるるとき。さんたんずいきするひとは。ふくをうることかぎりなし。)



(意訳7)
幸いにも私たちは、釈尊(しゃくそん)の世から伝えられている、さまざまな説法を、「お経」という形で読むことができます。お経を読んだり聞いたりした時に、もしもあなたが「有り難いなあ」「うれしいなあ」と思ったとすれば、それは釈尊の感じた幸福感と、全く同じものなのです。

since 2005/1/27 - last modified 2014/4/19


関連記事

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Author

うぇぶちこういん

ちこういん

リンク
バナー
住職へメールを送る
メールアドレスは正確に書いて下さい。間違いがあると、返信ができません。

名前 or ハンドルネーム:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
訪問者数累計