白隠禅師坐禅和讃 #11

(原文11)
此の時何をか求むべき。寂滅現前するゆえに。当処即ち蓮華国。此の身即ち仏なり。

(このときなにをかもとむべき。じゃくめつげんぜんするゆえに。とうしょすなわちれんげこく。このみすなわちほとけなり。)

(『坐禅和讃』おわり)



(意訳11)
ここまでくれば、もう迷うことはありません。真実を、遠く離れたところに求める必要はありません。求めるどころか、おのずから目の前に広がっているのです。苦しみは消滅し、無念無相の世界が、静かなる大海のように広がっているのです。
私たちの日常そのものが浄土であり、日々が好日にして、幸せな毎日です。眼で見ること、耳で聞き取ること、身体で感じること、その全てが、仏祖と何ら変わらない生活であり、この自分自身こそが「仏心」そのものなのです。

(『坐禅和讃』おわり)

since 2005/1/27 - last modified 2014/4/19


関連記事

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Author

うぇぶちこういん

ちこういん

リンク
バナー
住職へメールを送る
メールアドレスは正確に書いて下さい。間違いがあると、返信ができません。

名前 or ハンドルネーム:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
訪問者数累計