年賀状を書く季節

喪中のため年末年始のご挨拶を失礼させていただきます

というハガキが届きました。今年の第1号です。

あぁ、もうこんな季節になったのですね…。
年賀状書くのって大変。何が大変って、宛名を書くのが大変。私は筆ペンで書きます。事務的な手紙の場合は、パソコン使って印字させますが、礼状と年賀状の宛名は、手書きにしてます。何故かって? 特別な理由はありません。そうしたいからです。大変だけど、でも、手書きしてます。筆と墨で書けばもっと良いのでしょうが、筆ペンで書いてます。

機械の印字では味気ないとか、手書きには温かみがあるだとか、ちまたではいろいろ言われますが、別にそんなこと考えてるわけではありません。ぶっちゃけ、裏側をパソコンまかせにしているから、せめて宛名ぐらいは…、という自分自身への言い訳ですね(笑)。

「年賀状送付リスト」を開いて、1枚1枚、住所を書いてゆく。書いたハガキをテーブルに置いてゆく。インクが乾くまで、重ならないように置いてゆく。そうして、いつのまにかテーブルの上は、書いたハガキで埋め尽くされる…。

こういう作業も良いものですよ。年末お決まりの作業をしていると、

「あぁ、今年ももうすぐ終わりかぁ。今年もこれだけの人々に、お世話になったんだなぁ。」

なんて、感傷的になる……はずはない!
「早くしないと、正月が来てしまう!」と、毎年焦りながら書いているのが実情ですな。ホント、進歩ないですね。

今年は少し早めに、筆と墨で書いてみますか…。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Author

うぇぶちこういん

ちこういん

リンク
バナー
住職へメールを送る
メールアドレスは正確に書いて下さい。間違いがあると、返信ができません。

名前 or ハンドルネーム:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
訪問者数累計