K和尚

「寺を継ぐ気がないのなら、継がなければいい。やる気のない人間が住職になったら、その寺の檀家が気の毒だ」

私の父である先代住職が、いよいよ死期迫っていた頃、私が智光院を継ぐのをためらっていた時に、K和尚さまが私に言ったセリフです。

そのK和尚が、先日お亡くなりになりました。

臨済宗の寺は世襲制ではありません。よって、私が智光院の長男だから、という理由で寺を継ぐ必要はないわけです。父は私に「自分の好きなことをやれ」とは言いましたが「寺を継げ」とは一度も言いませんでした。

先述のK和尚の言葉を聞いた時、私は複雑な心境になりました。『寺は継ぎたくないし、だから、私が継いでも誰も喜ばない』と思った反面、私はお檀家の皆さまから、子供の頃から智光院の跡継ぎとして期待されていましたので、K和尚の言葉を額面通りに受け取っても良いのだろうかと。

その後、紆余曲折あって私は寺を継ごうと決心しました。癌の末期で、常に苦しそうにしている父に「俺、寺継ぐよ」と言った時、父は笑顔を浮かべました。その日が生前の父に会った最後の日になりました。

関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Author

うぇぶちこういん

ちこういん

リンク
バナー
住職へメールを送る
メールアドレスは正確に書いて下さい。間違いがあると、返信ができません。

名前 or ハンドルネーム:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
訪問者数累計