腹が立ったこと!

今朝7時15分に電話が鳴った。こういう時間帯の電話は、およそ訃報の場合が多い。

『もしもーし! 智光院さんですか! ご住職様はご在宅でしょーかぁー!!』

電話の向こうから聞こえてきたのは、やたらと大きな声。しかも声のトーンがめちゃくちゃに明るい。なんなんだ、この葬儀社は…と思ったら、、、

『私どもは、金による資産運用をオススメしている会社でして…、、、』

と、きたもんだ!! なんとまぁ、朝っぱらから「ゴールド」のセールスでしたよ。答えは『いらない。』ですよね。誰でも『いらない。』って言いますよ、きっと。そう即答したくなる電話でしたよ。だから私も『いりません。』と答えました。

それでも、延々とセールストークを繰り出す相手。もう一度『いりません。』と答えた私。そうしたら、次に来たセリフがこれだ!

『もしもーし。何か昨日、嫌なことでもあったのですかぁ?』

この言葉には頭にきました。「イヤなことがあったか?」と聞いてくる神経が信じられない! 

イヤなこと? ありましたよ。私は昨晩、枕経を勤めてきたんです。つまり、お檀家が一人、死んだんです。哀しみの場に立ち会ってきたんです。

世の中、本当に嫌なことが多い。そんなことは承知だ。承知してはいるが、なぜ朝っぱらからセールスマンに、こんな暴言を吐かれなければならないのか? 私、唖然としてしまい、しばらくの間、言葉が出ませんでした。するとこのセールスマン、何も言わずに、ガシャン!! と電話を切った。

電話の向こうのセールスマンに言いたい。

「あなたが逆の立場なら、どう思いますか?」

もし、あなたの身内に不幸があった翌朝、早い時間帯に電話がきて、見ず知らずのセールスマンから『昨晩イヤなことがあったのですか?』と聞かれたら…。不要な品物のセールストークにつき合わされた上、耳元で「ガシャン!」と電話を切られたら…。

ああ、、、こんな大馬鹿野郎には、絶対になりたくないものだ、、、
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Author

うぇぶちこういん

ちこういん

リンク
バナー
住職へメールを送る
メールアドレスは正確に書いて下さい。間違いがあると、返信ができません。

名前 or ハンドルネーム:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
訪問者数累計