看脚下

看脚下(かんきゃっか)

足元を見なさい、という意味です。「脚下照顧(きゃっかしょうこ)」と言うのも同じです。禅寺の玄関でよく見かける言葉です。

「地に足のついた人」は少ないですね。背伸びをして頑張りすぎている人々の、何と多いことか。

いつも浮ついた気持ちでいると、正しい判断ができなくなるでしょう。
自分のことしか考えていないと、還って不平不満が募るものです。

自分を良く見せようとか、他人より出世しようとか、そういう欲があるのは仕方のないことです。ですが、他人に迷惑をかけないように、先ずは自分自身を省みることは必要ではないでしょうか?

こちらの老師のお話も、ぜひお読み下さい。
 ↓
臨黄ネット ~ 法話と禅語 「看脚下」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Author

うぇぶちこういん

ちこういん

リンク
バナー
住職へメールを送る
メールアドレスは正確に書いて下さい。間違いがあると、返信ができません。

名前 or ハンドルネーム:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
訪問者数累計