お施餓鬼

施餓鬼棚


釈尊の高弟に、阿難尊者(あなんそんじゃ)という人がおりました。この方は大変優れた僧でしたが、ある時、彼の前に餓鬼が現れ、

「お前はもうすぐ餓鬼道に落ちるだろう。」

と告げました。驚いた阿難尊者は、釈尊に相談をいたしました。すると釈尊はこう言いました。

「餓鬼道で苦しんでいる者たちに対して、食物を供え呪文を唱えなさい。その功徳によって、阿難も餓鬼も救われるだろう。」

と。阿難尊者が釈尊の言われたとおりに法要を修すると、はたして無数の餓鬼たちは救われ、天上界に転生できましたとさ。

お施餓鬼(せがき)という仏教行事の由来をかいつまんで話すと、以上のようになります。『仏説救抜焔口餓鬼陀羅尼経』に書かれてあるそうな。

お盆の由来と似ているので混同しますが、お盆は7月15日の行事。施餓鬼は日にちに決まりはありません。智光院は5月に行います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Author

うぇぶちこういん

ちこういん

リンク
バナー
住職へメールを送る
メールアドレスは正確に書いて下さい。間違いがあると、返信ができません。

名前 or ハンドルネーム:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
訪問者数累計