fc2ブログ

般若心経の意訳と音写

日本で読まれているお経はたくさんあります。大概は漢字で書かれてあります。

経中の漢字には

①当時のインドの言葉であるサンスクリット語やパーリ語などを翻訳して、漢字の単語にした「意訳」

②サンスクリット語などを耳で聞いて、聞いた音を適当な漢字に当てはめた「音写」

の2種類があります。「摩訶般若波羅蜜多心経(まかはんにゃはみったしんぎょう)」を例に上げると

「摩訶般若波羅蜜多」は、「マハー プラジュニャー(パンニャー) パーラミター」の音写
「心」は「フリダヤ」の意訳
「経」は「スートラ」の意訳
になります。

では、般若心経について、順番に見てみましょう。

「舎利子」 → 「シャーリプトラ」を分解して「シャーリ」が音写、「プトラ」は「子」の意訳

「菩薩」 → 「ボット サット」

「菩提薩埵」 → 「ボーディサットヴァ」

「阿耨多羅三藐三菩提」 → 「アヌッタラー サムヤックサンボーディ」

「羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶」 → 「ガテー ガテー パーラガテー パーラサンガテー ボーディ スヴァーハー」

ここで問題です。経中にはもう一つ音写した言葉があります。「その単語」と「元となるサンスクリットの読み方」は何でしょうか? 解答はコメント欄に書きます。

関連記事 般若心経 概説

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

記事の回答

正解は
「涅槃」 → 「ニルヴァーナ」
です。
ブログ内検索
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Author

うぇぶちこういん

ちこういん

リンク
バナー
住職へメールを送る
メールアドレスは正確に書いて下さい。間違いがあると、返信ができません。

名前 or ハンドルネーム:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
訪問者数累計