fc2ブログ

七歳の童子でも

若い時には、自分よりも経験豊富な人が周りにいますから、忠告も助言も指導もしてもらえます。

歳をとってくると周りは自分よりも年下になり、誰も忠告などしてきません。さらに厄介なのは、本人が頑固になったり耳が遠くなったりして、そもそも忠告を受け付けなくなっているのではないか?と考えられます。

「七歳の童子でも、自分より勝れている者には、教えを乞おう。百歳の老翁でも自分に及ばない者には、教えてやろう。」(『趙州録』行状)

大善知識・趙州和尚は日常このように心がけていたそうです。

自分はどうであろうか? 年少者を見下していないか? 年長者を敬っているか? 忠告を真剣に聞いているか? 助言を素直に受け入れているか? 指導に感謝を忘れないか? 常に謙虚で反省を忘れない人間か?

趙州和尚から「この人には何を言ってもダメだ」と匙を投げられないように気をつけます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Author

うぇぶちこういん

ちこういん

リンク
バナー
住職へメールを送る
メールアドレスは正確に書いて下さい。間違いがあると、返信ができません。

名前 or ハンドルネーム:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
訪問者数累計