紅炉上一点雪

先日の雪は、東京都心も白く変えました。もう数日経ちますが、拙寺境内の日陰にはまだ溶けずに残っております。

雪と言えば『碧巌録』に「紅炉上一点雪」(こうろじょういってんのゆき)という言葉があります。真っ赤に燃えさかる炉の上にひとすくいの雪を置けば、たちどころに溶けてなくなってしまう、という意味です。燃え盛る炉は、自己のおさとりの心を表し、雪は煩悩を表します。仏心が輝いていれば、煩悩妄想などはたちどころに消え失せるものだ、ということですね。

立春とはいえ、まだ寒い日が続いています。しかし、暦の上では春に入りましたので、温かくなるのももう間近でしょう。私たちも、迷いの日々が続きますが、自己の仏心を信じて日々感謝の心で過ごしていれば、やがて心の春がやってきて、煩悩の雪が氷解することでしょう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Author

うぇぶちこういん

ちこういん

リンク
バナー
住職へメールを送る
メールアドレスは正確に書いて下さい。間違いがあると、返信ができません。

名前 or ハンドルネーム:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
訪問者数累計